就職から逆算して進学先を決めよう


高校生4年制大学へと進学するか、それとも専門学校へと進学するのかという進路は、高校生ならば当然気にするものです。将来にやりたいことがある、憧れの職業があるという場合には、その職業に関係する専門学校を受験してみると良いでしょう。問題なのは「とくにやりたい仕事はない」という場合です。そのような場合には、とりあえず4年制大学へと進学しておいて、その後に探すという道もあります。とりあえず大学に進学するという風潮は悪しきものとされていますが、大卒あるいは大学新卒というブランドは未だに根強く、また、大学在学中に資格を取得するといった道もありますので、こちらを選ぶのも決して悪いわけではありません。ただ、自分が就職して働いている姿を想像し、そこから逆算して進学先を決定すれば効率的なのは確かです。可能であれば逆算をしてみると良いでしょう。

1点だけ注意しなければならないことがあります。それは就職が最終目標になってはいけないということです。就職することは確かに大切ではありますが、それ以上に働いて自立していることが大切です。就職した後になってミスマッチだったと後悔してしまわないように、進学先を選んでいってください。

専門学校の卒業生は即戦力として期待される


専門学校では、社会に出てから直接的に仕事の役に立つ技能を身に付けることができます。大学では学問的な知識は身に付けることはできますが、一方で技能のような実務的な事柄について学びにくいというデメリットがあります。専門学校と大学はまさに対極的な存在で、実務重視か学問重視かという違いがあるのです

看護師専門学校へと進学する利点は、高い就職率にあります。専門学校は特殊な資格を取得するための授業カリキュラムが作られていることが多く、卒業生のほとんどが何かしらの資格を取得した上で社会へと出ていくことになります。国家資格のような公的資格は有資格者にしか許されていない仕事もあるため、企業から求められやすいです。また民間資格であったとしても実務の上で必要とされており、就職直後から戦力として働いてもらうことができるため、専門学校生の需要は高いというわけです。たとえば看護師の専門学校ならば看護師の国家資格の取得が必修となっていますし、少々特殊なホテルの専門学校ではホテルビジネス実務検定という資格が必修になっているなど、学校でしっかりと資格の面倒を見てくれることになります。4年間、目立ったことをせずに遊んでいた大学生を雇うよりは、採用してすぐに役立つ専門学校生の方が使い勝手が良いと判断されているわけです。

大学新卒のブランドが強力!


新卒就職のことを考慮した上で大学進学のメリットを挙げるのなら、やはり「新卒」のブランド力は度外視できません。大学新卒での採用は非常に強力で、まだ将来に期待できるという理由で採用されることが多いです。例えば大学を卒業してから何年も経った後に仕事を探す場合、その人に新卒ブランドは無く、卒業後から現在に至るまでのキャリアが重要視されることになります。キャリアも積んでこなかった人間を雇うくらいなら、大学生の新卒を採用した方がコストも安上がりなだけでなく将来性まで付いてくるため、企業は新卒を採用したがるというわけです

また偏差値の高い大学を卒業すると、企業側も採用活動の際に一目置くことになります。なぜなら、企業には賢い人材を手に入れたいという目的があり、高偏差値の大学生ならば今後も社内で活躍してくれるだろうと考えるからです。低偏差値の大学の卒業生であったとしても、近年の求人では「大卒以上」を条件に出していることが多いため、大卒のブランド力は就職活動において強力と言うことができます。大学の新卒者は就活においてメリットが多く、デメリットが少ないので、進学先についても大学を一番に考えるという風潮が生れているわけです。

就職を考えた進学先が選ばれる傾向にある


昨今では有効求人倍率も高まり、長かった就職氷河期の時代をようやく抜け出そうとしています。氷河期時代は学生だけではなく親御さんにも大きな影響を与えることになりました。大学へ進学するのか、それとも専門学校へ進学するのか、どちらにすべきなのかという論争が生まれ、大学と専門学校の比較がなされることになりました。まずは大学と専門学校の違いについて見ていきましょう。

学校大学と専門学校の大きな違いは、まずは通うことになる年月です。大学は4年であるのに対して、専門学校の場合には2年や3年という短期間で卒業ということになります。大学にもよりますが、私立大学へと通うのであれば、授業料は専門学校の方が安く済むという特徴があります。この他には、大学では卒業のために専門科目だけでなく一般教養科目についても修了する必要がありますが、これに対して専門学校では授業時間が限られていることもあり、一般教養科目はどちらかというと重視されていない傾向にあり、この点も違いとして挙げられます。在学中に同じ資格を取得するとしても、大学の場合には時間に余裕があるのでじっくりと勉強できる、対して専門学校では積極的に授業で教え込まれていくため、教育方針に若干の差があると言えます。

進学先を決める上で重要なことは、就職のことについてです。大学と専門学校では、専門学校の方がより実践的な知識が身に付くという理由もあり、近年の進学希望に大きな影響を与えているのです。