就職から逆算して進学先を決めよう


高校生4年制大学へと進学するか、それとも専門学校へと進学するのかという進路は、高校生ならば当然気にするものです。将来にやりたいことがある、憧れの職業があるという場合には、その職業に関係する専門学校を受験してみると良いでしょう。問題なのは「とくにやりたい仕事はない」という場合です。そのような場合には、とりあえず4年制大学へと進学しておいて、その後に探すという道もあります。とりあえず大学に進学するという風潮は悪しきものとされていますが、大卒あるいは大学新卒というブランドは未だに根強く、また、大学在学中に資格を取得するといった道もありますので、こちらを選ぶのも決して悪いわけではありません。ただ、自分が就職して働いている姿を想像し、そこから逆算して進学先を決定すれば効率的なのは確かです。可能であれば逆算をしてみると良いでしょう。

1点だけ注意しなければならないことがあります。それは就職が最終目標になってはいけないということです。就職することは確かに大切ではありますが、それ以上に働いて自立していることが大切です。就職した後になってミスマッチだったと後悔してしまわないように、進学先を選んでいってください。